和光大学 総合スポーツ&カルチャー ワコロコ

体育スクール

外で走り回ろう!

本日のスクールは、グラウンドで行いました。前回と同様に、足を速くする為のトレーニングをしました。

初めに、ウォーミングアップとラジオ体操です。
中学生になると、ラジオ体操は体育の評価として見られます。小学生のうちに覚えておくことは今後の為になるので、ウォーミングアップとして取り入れました。

体が温まってきたところで、トレーニングに移ります。
歩きながらの体動かし運動を行いました。
股関節を柔軟に使う為に、膝を正面に垂直に上げて、外側にゆっくり回したり、外側に膝を上げて内側にゆっくり回したりしました。
また、スキップで高く飛んだり、お尻に手をつけて走りながら手を靴でタッチしたり、速く走るためには自分で自分の体の使い方を覚えることが必要です。

前回伝えた2つの腕振りのポイントをしっかりと覚えていて、スムーズにこなしていました。子どもの吸収する力は凄まじいです!

次に仰向けに寝そべり、笛がなったら急いで立ち上がって数メートル離れたコーン(ゴール)まで走るトレーニングをしました。
パターンを変えて、うつ伏せや、前後の向きを変えるなど色んなパターンで行いました。
前回、笛がなったら座る、立ち上がるトレーニングを行いましたが、今回は笛が鳴ったら数メートル離れたコーンまで走りきることを目標にしました。少しずつ運動会の走る競技に近づけていきます。

さらに、ゴールテープよりも先に走るトレーニングもしました。
実は知らず知らずにタイムが落ちてしまう子達が多くいます。それは、ゴールテープ手前でスピードを減速してしまうからです。
せっかく一生懸命走っているのに、非常に勿体ないですね。

なので、ゴールの数メートル前にゴールテープを貼り、テープよりもさらに奥にある、ゴールをめがけて走りきることを皆に意識させて取り組みました。
初めはゴール手前でスピードが落ちてしまう子もいましたが、皆一生懸命取り組んでくれて、テープの更に奥のゴールまで走り切れました!!
この感覚を忘れないようにしっかりと覚えておきましょう!

子ども達の提案により、最後のレクレーションゲームは氷鬼ごっこをしました。
運動に積極的で、やりたいことをしっかりと伝えられることは凄く良いことです!やりたいこと全て聞くことは出来ませんが、色んな事をしたいという気持ちを見せてくれて、コーチ陣はとても嬉しいです!!

スクール後の子ども達の様子です。石井コーチが持っているボールを頑張って奪おうとしてる様子です。