和光大学 総合スポーツ&カルチャー ワコロコ

テニススクール

打点の調整能力(ジュニアクラス)

子ども達だけで、ラリーが続くようになって、また新たな段階を踏めるようになってきました。
子ども達は、空振りしないように打球に対して近づきすぎて、スイングが縮こまってしまい打ちたい方向にコントロールが出来ないことがあります。
なので今回は、ストロークの打点を常に前で捉えて、その打点を一定にしていく練習を行っていきました。
まずはその場で打点を前で捉える練習をしていき、前で捉える感覚を掴んだら、ボールを散らされても打ちやすいポジションに動けるよう細かくステップしていきます。
自分のいる位置より遠いボールに対しては、素早く打球の位置に移動して、間に合った際は細かいステップで対応していきます。

自分の打点を再確認した上で微調整していき、打球に対しての距離感を掴んでいきどんなボールに対しても対応できるようにしていきましょう!