和光大学 総合スポーツ&カルチャー ワコロコ

ベースボールスクール

小学生のうちにやっておくべきこと(木曜クラス)

新年一回目の木曜クラスになります。

本日はバッティングと守備に別れて練習を行っていきました。

バッティングでは、自分の打球がどのくらいなのか知ってもらうために、ネットから少し離れた位置から行い、どこまで飛ばすか目標を立てたトスバッティングになります。
当てることに意識がいってしまい、スイングが小さくなってしまっていたため、まずはフルスイングを心がけるよう伝えていきました。
それに加え1ポイントアドバイスをしたところ、弾道も高くなり目標の位置まで飛ぶようになってきましたね。

守備の方は、どんな状況でも素早く送球するための練習です。

最初は近い距離の送球です。
投げやすい方法で投げようと、体の向きを送球方向に体を向けてから投げているので、遅くなってしまいます。
無駄な動きをはぶいていき、素早く送球出来るように練習していきました。

遠い距離の送球では、逆シングルで捕って無理な体勢からの送球の練習です。
体制を整えてから投げるのでは遅くなってしまうので、ここではジャンピングスローを行っていきました。
ここで重要なことは、踏切足がボールを持っている方の手とは逆の足で踏み切ることです。(右でボールを持っているのであれば、左足で踏み切る)
最初は、踏み切るタイミングや投げるタイミングがこんがらがってしまうと思います。なのでまずはゆっくりと行い、自分のタイミングを見つけていきましょう。

フルスイングやジャンピングスローなど小学生のうちは筋力が無いからやらないほうが良いと思われがちですが、中学、高校から習得しようとすると、体な動きが固定されていき習得するのに時間がかかります。
なので神経系が発達しやすい小学生の時期に、色んな体の使い方を身に付ける必要があります。
プロが行っているプレーはどんどんモノマネしていき、分からないところはコーチに聞いて、自分のものにしていきましょう。