和光大学 総合スポーツ&カルチャー ワコロコ

野球スクール

荻野忠寛さんによる特別講座「強い球の投げ方」「遠くに飛ばすバッティング」(木曜クラス)

今回は改めまして、荻野忠寛さんに「強い球の投げ方」と「遠くに飛ばすバッティング」について教えていただきました。

このスクールではキャッチボールの前に、以前荻野忠寛さんに教えていただいた「サッカーボール投げ」を取り入れています。
その「サッカーボール投げ」をなぜ必要で行っているのかを説明していただけました。

強い球を投げるとき肘から強く振る子が結構多く、その投げ方をしてしうと腕の力だけで投げるので強いボールを投げることが出来ません。
それに、腕に負担がかかりすぎてしまい怪我の原因にもなります。

ではどうしたらいいのかと言うと、「全身で投げる」事が必要です。
体全体で投げることにより、手先で投げるよりパワーの伝え方が変わってきます。

その練習が、「サッカーボール投げ」になります!
サッカーボールを肘を曲げずに、体全体で地面に強く叩きつける練習です。
サッカーボール投げの投げ方で白球も投げます。

次は「遠くに飛ばすバッティング」を教えていただけました。

これも先程の投げ方と共通することで、手先でバットを振ると手の力でしか打てないため最大限のパワーは伝わりません。

なのでバッティングも全身を使う必要があります。
全身を使う方法として、右バッターの場合打つ瞬間に右肘を腰につけ体の回転で振ります。

このバッティング方法は、プロのルーキー達は大抵出来ず、パワーのあるプロのボールを遠くに飛ばせないので苦労するそうです。。

今回教えていただいた、「投げ方」も「打ち方も」プロも練習していることなので、これが基本になってきます。
今のうちに身につけ先取りしちゃいましょう!