和光大学 総合スポーツ&カルチャー ワコロコ

テニススクール

苦手なことへの克服(一般土曜クラス)

ジュニアに引き続き、一般クラスも振替として日曜日に行いました。

今回は苦手なものを克服するための練習をやっていきました。

最初は、結構皆さんが苦手な「バックサイド」の打ち方からです。
「バックハンド」でよくやってしまうのが、右手に力が入ってしまい左手の振り幅が小さくなって、ボールに力が伝わらなかったりします。
左手の使い方の感覚を付ける練習を行っていき、振り幅を広くするところから始めていきました。
左手の感覚を掴むのが上手だったので、次は自分の打ちやすい位置に入るためのステップと体重移動の練習をして、ボールに勢いを出せるようにしていきます。

「バックボレー」が苦手な人は、ボールを上から切りすぎてネットに突き刺さってしまったり、面で捉えられず強い打球を打てなかったりします。面の作り方の確認をして、体重移動で深いボールを打つよう意識していきました。

次はセカンドサーブです。
セカンドサーブになると、入れようとする意識が強すぎて、腕が縮こまってしまったりします。
腕が縮こまってしまうとその分高い位置からの角度がつけられず、ネットしてしまいがちです。
高い位置で打つ意識を持ってもらう練習をしていき、なおかつ回転をかけてセカンドサーブでも相手に取りずらいボール打てるようにしていきましょう。

お友達とラリーや試合をする際、どうしても自分の打ちやすい「フォアハンド」に回り込んでしまったりします。回り込む技術も必要ではありますが、バックサイドも打てるようになるとプレーの幅が広がるので、今後も苦手なことを克服出来るよう頑張っていきましょう!!